ZenFone Max Pro (M1) VS (M2) スペック比較、違いまとめ

※2019/9/2 自腹で購入したZenFone6(8GB/256GB)日本版実機にて検証し、当Wikiの内容を最新情報に更新しました!少しでもご参考になりましたら幸いです。
★非常に多い質問★アプリの通知が来ない!プッシュ通知が来ない!LINEの通知が届かない!IP電話がプッシュ着信しない!Gmailが届くのが遅い!Gmailがプッシュ受信できない!
ZenFone6、ROG Phone2 の詳細スペックまとめはこちら!
Zenfone Max Pro (M2)詳細スペックまとめはこちら

ZenFone Max Pro (M1) VS (M2) スペック比較、違いまとめ

商品名 ZenFone Max Pro (M2) ZB631KL(インドネシア、ロシア、タイ、台湾、日本など)(インド版は「ZB630KL」) ZenFone Max Pro (M1) ZB602KL(インドネシア、フィリピン、台湾、日本などアジア圏)、(インド版は「ZB601KL」) ZenFone Max (M2) ZB633KL(インドネシア、ロシア、タイ、台湾、日本など)(インド版は「ZB632KL」) ZenFone Max (M1) ZB555KL(インド版は「ZB556KL」)
【重要】ZenFone Max Pro (M1) ZB602KL海外版で、ドコモ系SIM利用で通話着信がおかしくなる問題発生中【阿鼻叫喚】
novalite3との比較はこちら
メーカー型番 ASUS_X01BDA ASUS_X00TDB ASUS_X01AD ASUS_X00PD
愛称 マッピー2 マッピー1
公式スペック表 日本版https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Max-Pro-M2/Tech-Specs/、台湾版https://www.asus.com/tw/Phone/ZenFone-Max-Pro-M2/Tech-Specs/、ロシア版https://www.asus.com/ru/Phone/ZenFone-Max-Pro-M2/Tech-Specs/、インド版https://www.asus.com/in/Phone/Zenfone-Max-Pro-M2-ZB630KL/Tech-Specs/ ZB602KL https://www.asus.com/Phone/ZenFone-Max-Pro-M1/Tech-Specs/、台湾版https://www.asus.com/tw/Phone/ZenFone-Max-Pro-ZB602KL/Tech-Specs/、ZB601KL https://www.asus.com/in/Phone/ZenFone-Max-Pro-ZB601KL/Tech-Specs/ 日本版https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Max-M2/Tech-Specs/、台湾版https://www.asus.com/tw/Phone/ZenFone-Max-M2/Tech-Specs/、ロシア版https://www.asus.com/ru/Phone/ZenFone-Max-M2/Tech-Specs/、インド版https://www.asus.com/in/Phone/Zenfone-Max-M2-ZB632KL/Tech-Specs/ https://www.asus.com/Phone/ZenFone-Max-M1/Tech-Specs/ インド版ZB556KL https://www.asus.com/in/Phone/ZenFone-Max-M1-ZB556KL/Tech-Specs/
https://www.biccamera.com/bc/item/6183634/ https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Max-M1/Tech-Specs/
発表日 2018/12/9@ロシア、2018/12/11@インド・インドネシア(インドでの発表会動画)、台湾版は2019年1月に発表・発売予定(ソース台湾版についてその後続報無し・・・。 →台湾版は2019/2/14発表・即日発売(ソース 2018/4/23@インド(発表会動画)、インドネシア ※2018年6月台湾でも発表・発売の予定(ソース →7月に延期(ソース)→7/24台湾版発表(ソース 2018/12/9@ロシア、2018/12/11@インド・インドネシア、2019/1/2@台湾(ソース 2018/2/28@MWC2018、2018/10/17@インド
発売日 2018/12/18@インド、台湾版は2019年1月に発表・発売予定(ソース台湾版についてその後続報無し・・・。 →台湾版は2019/2/14発表・即日発売(ソース 2018/5/3@インド ※2018年6月台湾でも発表・発売の予定(ソース →7月に延期(ソース)→7/27台湾版発売(ソース 2018/12/20@インド、2019/1/2@台湾(ソース
海外版の定価 台湾版(4GB/128GB):10990TWD(約4万円)(ソース)、ロシア版(4GB/64GB):17990ロシアルーブル(約3万円)、インド版(6GB/64GB):16999ルピー(約27000円) ■台湾版:6GB/64GBで8990元 (約33000円)、3GB/32GBで6990元(約26000円) (ソース) ■インド版:3GB/32GB 10999インドルピー(約18000円)、4GB/64GB 12999インドルピー(約22000円)、6GB/64GB 14999インドルピー(約25000円)(ソース 台湾版(3GB/32GB):6990TWD(約25000円)、ロシア版(3GB/32GB):12990ロシアルーブル(約2万2000円)、インド版(4GB/64GB):11999ルピー(約19000円)
ebayでの相場 ZenFone Max Pro M2 eBay ZenFone Max Pro eBay ZenFone Max M2 eBay ZenFone Max (M1) ZB555KL eBay
日本での相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場
日本版の発表日 2019年3月8日(ソース)(2018年11月に日本の技適を通過! 2018年12月4日(発表会もASUSからのプレスリリースも無し、突然ビックカメラで販売開始) 2019年3月8日(ソース)(2018年11月に日本の技適を通過! 2018年9月19日
日本版の発売日 2019年3月15日 2018年12月4日(ビックカメラグループ専売) ビック専売ではなくSIMフリーとして一般販売(2018/12/21より)→amazonでの実売価格 2019年3月15日 2018年9月21日
日本での定価 3万5500円+税 29800円+税 2万6500円+税 2万2800円+税
日本版の値引きキャンペーン等
OS Stock Android 8.1 Oreo(※ZenUIではない) Pure Android Oreo 8.1(※ZenUIではない) Stock Android 8.1 Oreo(※ZenUIではない) Android 8.0 Oreo/ZenUI 5
SoC Snapdragon 660(4 + 4 cores (1.95GHz Kryo 260 Gold - Cortex-A73 derivative + 1.84 GHz Kryo 260 Silver - Cortex-A53 derivative))(※低クロック版SD660なので注意→(低クロック版SD660について詳しい説明))(wikipedia Snapdragon 636(AI Boost機能は無い) Snapdragon 632(4 + 4 cores (1.8 GHz Kryo 250 Gold - Cortex-A73 derivative + 1.8 GHz Kryo 250 Silver - Cortex-A53 derivative))(wikipedia Snapdragon 430/425 ※日本版はSD430
Antutuベンチ7.x
参考 参考
Geekbench4(Single-Core) 1332
Geekbench4(Multi-Core) 4917
RAM LPDDR4X 3GB / 4GB / 6GB ※日本版は4GB LPDDR4X 3GB / 4GB / 6GB ※日本版は3GB LPDDR3 3GB / 4GB ※日本版は4GB LPDDR3 2GB / 3GB ※日本版は3GB
内蔵メモリ eMCP 32GB / 64GB / 128GB ※日本版は64GB eMCP 5.1 32GB / 64GB ※日本版は32GB eMCP 32GB / 64GB ※日本版は32GB eMCP 16GB / 32GB ※日本版は32GB
外部メモリ MicroSD card / Supports up to 2TB MicroSD card / Supports up to 2TB MicroSD card / Supports up to 2TB MicroSD card / Supports up to 256GB
SDを内部ストレージとして利用する機能
サイズ 157.90 x 75.50mm x 8.50 mm 159 x 76 x 8.45 mm 158.41 x 76.28 x 7.70 mm 147.3x70.9x8.7 mm
重量 175g 180g 160g 150g
通信対応バンド ※以下、日本版の対応バンド ※以下、日本版の対応バンド(ソース)(※台湾版等、それ以外はこちら ※以下、日本版の対応バンド ※以下、日本版の対応バンド (それ以外はこちら
2G GSM/EDGE:850/900/1800/1900MHz GSM/EDGE:850/900/1800/1900MHz GSM/EDGE:850/900/1800/1900MHz GSM/EDGE:850/900/1800/1900MHz
3G 1/2/4/5/6/8/19 FOMAプラスエリア対応 W-CDMA:B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19 1/2/4/5/6/8/19 FOMAプラスエリア対応 W-CDMA:B1/B5/B6/B8/B19
※FOMAプラスエリア対応 FOMAプラスエリア対応
4G (LTE) ■FDD-LTE ■FDD-LTE ■FDD-LTE ■FDD-LTE
1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/28 B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28 B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28
■TD-LTE ■TD-LTE ■TD-LTE ■TD-LTE
38/41 B38/B39/B41 38/41 B38/B41
対応バンド的には日本版も出そうな空気 →2018/12/4発売
ドコモ系SIMの通信・通話対応 日本版は○ 通話(Volte対応○)、SMS、通信、全てOK。 ■日本版:通話(VoLTE対応 ○)、SMS、通信OK。 ■※2018/11、台湾版がau VoLTE(ソース)、Y!Mobile(ソフトバンク)VoLTE、ドコモVoLTE、しかもDSDVに対応したとの報告あり(ソース)(ソース)(ソース)※日本版発売後に使用不能になる可能性あり。→案の定、2019/1/21のアップデートで海外版は日本キャリアのVolteが使えなくなったとの報告あり→詳細:ZenFone Max Pro (M1) 海外版のVoLTE利用可否まとめ 日本版は○ 通話(Volte対応○)、SMS、通信、全てOK。 通信、通話OK ※日本版はdocomo/Y!Mobile(ソフトバンク)/au VoLTE (マルチキャリアVoLTE)対応
ドコモVoLTE対応 ○ ※ドコモ本家SIMでのVoLTE利用にはSPモードの契約&APN設定が必要→詳細説明 日本版はドコモ、au、Y!Mobile(ソフトバンク)のVoLTEに対応! ○ ※ドコモ本家SIMでのVoLTE利用にはSPモードの契約&APN設定が必要→詳細説明
au系SIMの通信・通話対応 日本版は○ 通話(Volte対応○)、SMS、通信、全てOK。 ■日本版:通話(VoLTE対応 ○)、SMS、通信OK。 ■※2018/11、台湾版がau VoLTE(ソース)、Y!Mobile(ソフトバンク)VoLTE、ドコモVoLTE、しかもDSDVに対応したとの報告あり(ソース)(ソース)(ソース)※日本版発売後に使用不能になる可能性あり。→案の定、2019/1/21のアップデートで海外版は日本キャリアのVolteが使えなくなったとの報告あり→詳細:ZenFone Max Pro (M1) 海外版のVoLTE利用可否まとめ ※au系SIMの使用可否まとめ 日本版は○ 通話(Volte対応○)、SMS、通信、全てOK。 通信、通話OK ※日本版はdocomo/Y!Mobile(ソフトバンク)/au VoLTE (マルチキャリアVoLTE)対応 ※au系SIMの使用可否まとめ
au VoLTE対応 日本版はドコモ、au、Y!Mobile(ソフトバンク)のVoLTEに対応!
ソフトバンク系SIM、Y!mobile SIMの通信・通話対応 日本版は○ 通話(Volte対応○)、SMS、通信、全てOK。 ■日本版:通話(VoLTE対応 ○)、SMS、通信OK。 ■※2018/11、台湾版がau VoLTE(ソース)、Y!Mobile(ソフトバンク)VoLTE、ドコモVoLTE、しかもDSDVに対応したとの報告あり(ソース)(ソース)(ソース)※日本版発売後に使用不能になる可能性あり。→案の定、2019/1/21のアップデートで海外版は日本キャリアのVolteが使えなくなったとの報告あり→詳細:ZenFone Max Pro (M1) 海外版のVoLTE利用可否まとめ 不明。 日本版は○ 通話(Volte対応○)、SMS、通信、全てOK。 通信、通話OK ※日本版はdocomo/Y!Mobile(ソフトバンク)/au VoLTE (マルチキャリアVoLTE)対応
ソフトバンク/Y!mobile VoLTE対応 日本版はドコモ、au、Y!Mobile(ソフトバンク)のVoLTEに対応!
VoLTE対応 日本版は、ドコモ、au、SB(Y!mobile )VoLTE対応○ 日本版はDSDVに対応しているが、au VoLTEへの対応等、詳細は一切不明(ビックカメラの販売ページを見ても詳細が一切書かれていない)。日本版はドコモ、au、Y!Mobile(ソフトバンク)のVoLTEに対応!(管理人がASUSに問い合わせて確認しました) ※2018/11、台湾版がau VoLTE(ソース)、Y!Mobile(ソフトバンク)VoLTE、ドコモVoLTE、しかもDSDVに対応したとの報告あり(ソース)(ソース)(ソース)※日本版発売後に使用不能になる可能性あり。→案の定、2019/1/21のアップデートで海外版は日本キャリアのVolteが使えなくなったとの報告あり→詳細:ZenFone Max Pro (M1) 海外版のVoLTE利用可否まとめ 日本版は、ドコモ、au、SB(Y!mobile )VoLTE対応○ ○ ※日本版はdocomo/Y!Mobile(ソフトバンク)/au VoLTE (マルチキャリアVoLTE)対応
技適通過 ○通過済み(なんと2018年11月に日本の技適を通過! ○(ソース ○通過済み(なんと2018年11月に日本の技適を通過!
SIM Triple slots: Dual SIM & one microSD card、nano + nano Triple slots: Dual SIM & one microSD card、nano + nano Triple Slots: Dual SIM(nano+nano) & one microSD card Triple Slots: Dual SIM(nano+nano) & one microSD card
DSDS
DSDV ※日本のVoLTEへの対応状況は不明 日本版もDSDV対応。 日本版はDSDVに対応しているが、au VoLTEへの対応等、詳細は一切不明(ビックカメラの販売ページを見ても詳細が一切書かれていない)。日本版はドコモ、au、Y!Mobile(ソフトバンク)のVoLTEに対応!(管理人がASUSに問い合わせて確認しました) ※2018/11、台湾版がau VoLTE(ソース)、Y!Mobile(ソフトバンク)VoLTE、ドコモVoLTE、しかもDSDVに対応したとの報告あり(ソース)(ソース)(ソース)※日本版発売後に使用不能になる可能性あり。→案の定、2019/1/21のアップデートで海外版は日本キャリアのVolteが使えなくなったとの報告あり→詳細:ZenFone Max Pro (M1) 海外版のVoLTE利用可否まとめ ※日本のVoLTEへの対応状況は不明 日本版もDSDV対応。 × DSDVは非対応
DSDSでFOMA SIMの利用
Triple Slots(SIMスロットとSDカードスロットが独立)
通信速度 LTE: Cat5 UL 75 Mbps / Cat13 DL 400 Mbps (B version) LTE Cat4: UL 42 / DL 150 Mbps
キャリアアグリゲーション(CA) ○ 2波CA対応 ○ 2CA support (B version) ※日本版も2CA対応 ○ 2波CA対応 ×キャリアアグリゲーション:非対応
GPS GPS/ GLONASS/ BDS/ GALILEO/ QZSSソース ○ GPS AGPS GLONASS BDS GPS/A-GPS/GLONASS ○GPS/AGPS/GLO
みちびき対応 ○公式対応(ソース
無線LAN b/g/n WLAN 802.11 b/g/n 2.4GHz ※5GHzは非対応なので注意 b/g/n WLAN 802.11 b/g/n
無線LAN 5GHz対応 × × × ×
無線LANルーター(テザリング)機能
Bluetooth 5 Bluetooth 5.0 4.2 Bluetooth 4.2
aptX対応
Bluetoothテザリング
ディスプレイ 6.26 inch LCD screen Full HD+ resolution of 2280 x 1080 pixels、 IPS Notch display、Corning Gorilla Glass 6Gorilla Glass 6について詳しい説明 6インチ、 Full HD+ (2160x1080) IPS display、18:9 Full view display 6.26 inch LCD panel 、HD+ (1520x720) IPS Notch display 5.5-inch HD+ (1440 by 720) display、IPS液晶
ナックルジェスチャー × × × ×
マルチタッチ 10 10 10 5
オンスクリーンキーかどうか オンスクリーンキー オンスクリーンキー オンスクリーンキー オンスクリーンキー
ナビゲーションキーの点灯 物理ナビゲーションキーは無し 物理ナビゲーションキーは無し 物理ナビゲーションキーは無し 物理ナビゲーションキーは無し
飛散防止フィルム なし なし なし なし
背面カメラ(撮像素子) デュアルカメラ 12MP + 5MP(Depth sensing) 、メインカメラはなんとソニーセンサーSony IMX486 primary sensor デュアルカメラ ■日本版は16MP ※インド版は13MP(F2.2) ※台湾版は32GB/64GBともに16MP(F2.0)  ■深度測定用5MP(F2.4、共通) デュアルカメラ 13MP + 2MP(Depth sensing) ※日本版も同じ デュアルカメラ ■13MP ■超広角8MP
背面カメラ(AF、補助センサー) 0.03 seconds phase-detection autofocus Phase-detection autofocus 0.03 seconds phase-detection autofocus
背面カメラ(レンズ) F1.8 aperture、35mm版換算27mmの広角レンズ ※日本版も同じ デュアルカメラ ■日本版は16MP ※インド版は13MP(F2.2) ※台湾版は32GB/64GBともに16MP(F2.0)  ■深度測定用5MP(F2.4、共通) F1.8 aperture、35mm版換算26mmの広角レンズ ※日本版も同じ
前面インカメラ 8MP(ロシア版)、13MP(インド版)、F2.0 aperture ※日本版は13MP、F2.0、35mm版換算26mmの広角レンズ 日本版は5MP(管理人がASUSに問い合わせて確認しました) →管理人が日本版の実機を確認したところ、8MPでした。公式回答も結構いい加減ですね。 ■8MP(f/2.2) ※インド版のRAM6GBモデルは16MP ※台湾版は32GB/64GBともに8MP(f/2.2) 8MP F2.0 aperture、35mm版換算26mmの広角レンズ 前面もデュアルカメラ※日本版は前面カメラは8MPのみのシングルカメラ仕様 ■13MP 焦点距離は35mm版換算で35mm ■超広角8MP、F2.2、焦点距離は35mm版換算で24.7mm
顔認証ロック解除機能 ×
動画撮影 4K Video recording 4K UHD (3840 by 2160) video recording for main rear camera、1080p FHD video recording at 30 / 60 fps ※当初は公式スペック表に60fpsも書かれていたのですが、いつの間にか削除されてました。訂正します。(ソースソース 4K video recording 1080p FHD video recording at 30 fps
手ぶれ補正(リアカメラ) EIS 電子式 電子式(ソース 電子式
USB Micro-USB Micro-USB Micro-USB Micro-USB
USBホスト ○公式対応
USB DAC
映像出力
Miracast
PCモード機能(外部ディスプレイに接続してPCのように使う) ×
ヘッドホンジャック 3.5mm 3.5mm 3.5mm 3.5mm
サラウンド
デジタルノイズキャンセリング機能 × × × ×
スピーカー モノスピーカー(5-magnet speaker for louder deeper and less distorted sound effect)、NXP SmartAmp モノラルスピーカー(5-magnet loudspeaker) モノスピーカー(5-magnet speaker for louder deeper and less distorted sound effect)、NXP SmartAmp モノラルスピーカー
FMラジオ
バッテリー容量 5000mAh 5000mAh 4000mAh 4000mAh
ユーザーが自分で電池交換 × × × ×
クレードル(卓上ホルダ) × × × ×
置くだけ充電(ワイヤレス充電、qi) × × × ×
急速充電(5V 2A)
急速充電2(QuickCharge 2.0、9V-12V高電圧急速充電) ×※
急速充電3(QuickCharge 3.0、3.6V-20V高電圧急速充電) ×※
急速充電(ファーウェイ独自方式の9V/2A高電圧急速充電、Huawei FCP ×
急速充電(ファーウェイ独自方式の超急速充電HUAWEI SuperCharge、5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A) ×
USB PD(9V2A、C to Cのケーブルが必要) × ×端子がmicro USBのため ×
NFC 6GB/64GB版のみNFC対応 ※日本版は×非対応(管理人がASUSに問い合わせて確認しました)※真偽は不明だが、日本版はNFCに対応しているとの報告がある(ソース)→この点、管理人も近日中に実機を見て確認してきます。管理人が実機を確認したところ、なんと日本版はNFCに対応しております! ×
Felica(おサイフケータイ) × × × ×
赤外線 × × × ×
防水 × × × ×
防塵 × × × ×
指紋認証センサー ○(本体背面) ○(本体背面) ○(本体背面) ○(本体背面)
対応センサー Rear fingerprint sensor / Accelerator / E-Compass / Proximity sensor / Ambient light sensor / Gyroscope 加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー Rear fingerprint sensor / Accelerator / E-Compass / Gyroscope / Proximity sensor / Ambient light sensor GPS(GLONASSサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー
Pokemon GO対応 ○ ジャイロ対応 ○ ジャイロ対応
日本の緊急地震速報(ETWS)
DLNA
ストラップホール × × × ×
簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ) × × × ×
デフォルトの電話アプリに通話録音機能がついているか ×(管理人が実機で非対応を確認)
節電機能
フォント変更機能
カラーバリエーション 日本版はコズミックチタニウム、ミッドナイトブルー Meteor Silver / Deepsea Black ※日本版は、メテオシルバー、スペースブルー、ディープシーブラックの三色 日本版はミッドナイトブラック、スペースブルー、メテオシルバー Deepsea Black、 Sunlight Gold ※日本版はサンライトゴールド、ルビーレッド、ディープシーブラックの三色
同梱品 USB ACアダプターセット / SIMイジェクトピン / ZenEar / ZenEar交換用イヤーピース / クリアケース / ユーザーマニュアル / 製品保証書 USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、ZenEar、ZenEar交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書 USB ACアダプターセット / SIMイジェクトピン / ZenEar / ユーザーマニュアル / 製品保証書 USB ACアダプターセット(USBチャージャー、microUSBケーブル)、SIMイジェクトピン、ZenEar、ZenEar交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書
このエントリーをはてなブックマークに追加